2012年06月06日

後ろなんて 見たくはない ゴールだけ目指して 今だ

仕事の有休とって任天堂のE3中継を眺めながらだらだらと過ごす今日この頃。
会社の先輩には「新作ゲームの発表会のネット中継があるので休みます」って正直に伝えた。こういうことを言ってももはや何とも思われない寛容な職場で本当に良かったです、えぇ。

2chの感想スレなんかを見るといまいち満足出来なかったという意見もちらほらあったけれど、個人的には充分楽しめたかなぁ、と思う。
北米向けのイベントなのでニンテンドーダイレクトほど日本人にインパクトのある発表は少ないだろうと思っていたし、WiiUの機能を生かしたゲーム紹介という意味では充分過ぎるんじゃなかろうか、と。
(価格発表とか無いのは最初からわかってたし、余程変な設定じゃない限りは買うの確定だからどうでも良いしね・・・ハードオタってわけでもないからスペック云々とかも別に気にしないし。)

とりあえず今回発表された任天堂作品は基本的に買いかなぁ、と。
マリオUやピクミンは言わずもがな。特にピクミンはグラフィックの向上とリモコンを使った操作に期待してる。(よく考えたらピクミンの新作ってGCぶりだったんだなぁ・・・)
ニンテンドーランドはゲームパッドを使った非対称の操作の部分が楽しそうではあるのだけれど、ファミリー向けっぽいのでオフライン対戦相手がいないと盛り上がらないんだろうなぁ・・・と。逆に言えば、そういう相手が確保できる家族、学生には凄く楽しめそうだと思う。個人的には「どうぶつの森」の”スティック2本で鬼を操作する”っていうのが興味ある・・・慣れるまで大変そうだけど。

ハード性能の単純な追求だけじゃなくて、こうやって新しい遊び方を提供してくれるから任天堂に期待してしまうんだよなぁ、と改めて実感した。(まぁ、それをまたサードが活かせるかは別の問題だけれど)
あ、新しいWii fitも楽しみ。あのトランポリンの落下感が何かタマヒュン出来そうで気になるw

サードに関してはレゴシティ、スクリブルノーツ、ZonbiU辺りが気になるところ。
特にZonbiUはゲームパッドをゲーム中の端末みたいに扱えるので、それによる世界への没入感がどうなるのか。個人的には扉の暗証番号を入力するタッチパネルになっているところに地味に感動したなぁ、と。
(まぁ、ただ他のゲームにも言えるけど、このゲームパッド500グラムくらいあるらしいので、常にこれ持ってプレイって結構しんどいだろうなぁ、と・・・軽く筋トレになるのかしら?)
まぁ、とりあえずこれらのゲームが日本国内でも発売されるなら買っちゃうかも。

基本的に国内向けの発表はほとんど無かったのでWiiUにまだまだ多くの期待が出来ると思うと、胸熱というか現状の3DSのことを考えると、まだこれから先もゲーム積みすぎて時間足りなくなるのかなぁ・・・と嬉しいような悲しいような状況になりそうorz
ともあれ一人のゲーム好きとしてこれからも素晴らしいゲームがたくさん生まれることを心から楽しみにしております、と。


posted by 天白 響 at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。